731からフクシマまで!!

731を問う!!

2019年7月18日木曜日

細菌戦の系譜!!


香港人見せしめ弾圧事件
7月19日 ビデオ学習会 731部隊員の証言
日本軍の毒ガス戦
7.7「戦争を始めた日」国会前集会
ソビエト連邦、中華人民共和国とハバロフスク裁判の忘却 1949-1956
旧陸軍毒ガス詳報、確認 中国北部で使用部隊が記録
平沢正欣論文を検証する(人体実験は行われたか?)
記憶の継承を進める神奈川の会
沖縄
戦争とは何だろうか??
軍事研究に関する学長声明  龍谷大学 学長 入 澤  崇
第24回  スタディツアー 事前学習会
文学者の戦争協力
北宏一朗さんを偲ぶ
長崎731部隊・100部隊パネル展
京大 学位授与問題!!
長野平和の旅
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
武蔵村山の国立感染症研究所問題!!



1937年7月7日→日中全面戦争

7.7集会(2019)「戦争を始めた日」国会前集会



香港人見せしめ弾圧事件
香港の皆様へ!!


何で微罪で長期勾留する??
微罪で長期勾留?おかしくないか?日本は人権意識が欠如している!!
以前までは香港の日本領事館が南京大虐殺の抗議を受け取っていたが、去年は受け取らないので、日本まで抗議に来たという。
香港人「靖国神社」建造物侵入事件"長期勾留"の謎?

靖国神社でぼや、横断幕も=中国籍の男を逮捕


●昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!
秋篠宮ご夫妻と悠仁さま 世界の地図展を観賞

徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
日本の医学界はなぜ謝罪しない???
又、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマと4度被曝した日本は、世界に先駆けて核兵器廃絶・脱原発と叫ぶべきではないか!!
なぜ、日本医学界は、先頭に立って「脱原発!!」と叫ばないのか!!
戦後、731部隊員はアメリカの核戦略に協力した!!

「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか


●水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

ビキニ「死の灰」世界各地へ


日本は、あの侵略戦争を反省して、憲法9条を作った!!

平和条約締結は「日本が大戦の結果認めること」 露外相

●憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本の政治の常道【historyとは、彼(his)(権力者)の物語(story)】

・まずい事は隠す!!(=あったことを無かったことにする、=データ改ざんは当たり前)
・責任を下に押し付ける!!(=権力者は、責任を取らない)
統計不正聴取に厚労省官房長同席 中立性への疑念、更に
水爆実験で被爆したのは第五福竜丸だけではない!!延べ992隻が被爆!!
なぜ、「731」と書かれた戦闘機に乗れるのだ???

2013年5月12日 安倍 731と書かれた戦闘機に乗る!!宮城県松島市にある航空自衛隊の基地で撮影

オリンピックにお金をかけるのではなく、いじめ対策・貧困対策・戦争被害者対策にお金をかけるべきだ!!





●ニュース
「選挙妨害か確認中」と道警見解変える ヤジの市民排除


日本は、過去の歴史にきちんと向き合え!!
韓国への輸出規制なぜ? 「強硬姿勢で人気アップ」安倍首相のトランプ化が進む

軍事費突出!!
海自イージス艦「はぐろ」進水 ミサイル防衛、8隻態勢に

日韓関係は「戦後最悪」に 収拾困難、歴史的転換点か

韓国 輸出規制や「徴用」問題で日本へ対抗姿勢強める


「人種差別的な攻撃」“国に帰れ”発言に移民系女性議員ら批判


【横田現場直撃】山口イージス/参院選大物直撃!進次郎・二階・菅20190712


【横田現場直撃】決定版!イージスアショアの虚妄 防衛省の杜撰/維新お忍び謝罪/滋賀の野党共闘候補



過去を反省しない日本これでいいのだろうか??
輸出規制 日本側は韓国の対応見極めたい考え

佐川 元財務省理財局長を証人申請へ 森友文書の訴訟で原告弁護団

旧陸軍毒ガス詳報、確認 中国北部で使用部隊が記録

消えゆく「陸軍中野学校」の跡と記憶 「結局は駒」と卒業生は語った


遺伝子「優性・劣性」“高校教科書では別表現を”日本学術会議



エボラ出血熱など輸入で国と東京・武蔵村山市が合意 国立感染症研究所に

エボラ出血熱のウィルスなど危険の高いものをなぜ輸入する?
日本は全く細菌戦の反省をしていない!!
感染症対策のウイルス保管を説明

エボラ病原体”輸入”国に安全対策求める


「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と言っている国が、なんで空母を持つのだ???
防衛省、護衛艦「いずも」「かが」を空母化へ 自衛隊内部からも疑問の声


辺野古の埋め立て加速 玉城デニー知事「暴挙以外の何ものでもない」

自衛隊の不祥事!!
日航機123便墜落の真相 〜JALボーインング747に訪れた悲劇の全貌〜



このままでは終わらせない…“森友事件”のいま【ザ・ドキュメンタリー】



“私は不妊手術を強いられた” ~追跡・旧優生保護法~

医学界の反省の弁はないのだろうか???原因は何だ???
強制不妊、首相「反省とおわび」 救済法成立時、談話発表へ

福島第一原発の原子炉建屋 開けられる鍵が9000本以上


彼の無念晴らしたい 森友疑惑 自殺職員の元同僚


なぜ、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!
「わざわざ自分らのことを『げんしりょくむら』とは?

「あつまれ!げんしりょくむら」に批判相次ぐ サイト閉鎖

20190330 UPLAN 小出裕章「フクシマ事故8年 原子力を廃絶させる道」



731部隊の病理解剖の顧問をした清野謙治も、窃盗事件で京大を追われた後、戦後は東京医大教授になった。731部隊で細菌を製造していた柄沢も東京医大だ!!
日本の底にツルハシでも崩れない差別がある 東京医科大の不正入試提訴 会見詳報


なぜ、日本は脱原発と叫ばないのか??
20181104 小出裕章と樋口健二のコラボ講演会


2005/12/25 【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏


竹田恒和JOC会長、IOC委員を辞任




竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか
海外メディア「かえって疑惑深まった」 JOC竹田会長の会見

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 日立がイギリス原発輸出を断念! 世界に逆行する日本と経団連の責任


森友・加計問題 疑惑の核心/下 政治家、官邸官僚… 「安倍側用人」を覆う「黒い霧」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真実を隠すために死刑にしたのでは??
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活


京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に




●横浜「戦争の加害展」感想

2月13日
・新聞でも報道されている事実をきちんと教科書に載せてほしいと思います。事実を知ることから真実を知ることになると思いますから…。加計学園の獣医学部の新設のことはありうると思いました。恐ろしい…。(60代)


●(「琉球処分」から140年、今の沖縄を考える)パネル展感想
6 月 24 日
5、琉球処分の経緯は知らなかったので勉強になりました。太平洋戦争や基地問題はあちらこちらで展示、皆知らされているので琉球王国の詳細や処分の内容、日本の意思決定の経緯をもっと紹介してほしかったです。(男、40代、市外、チラシ)


●「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第3部

危機寸前の脱出

部隊に残留した工兵隊は、まだ大きな工具が届いていなかったので、丸ビルより大きな本館には手が出なかったわけである。
列車は時々不意に停車することがあった。すると、附近の住民たちが、白瓜などを売りに押しかけてくる。が、私達が持っている軍票(満券)は使えない。彼らが拒むのである。敗戦の悲哀が、改めてひしひしと感じられるのだった。のどが渇いてやりきれない私達は仕方なく毛布や衣類などを出して交換した。私も毛布1枚で、30個ばかりの瓜を買った。
新京からは比較的順調と言えたが、弱ったのは炊事であった。停車時間が短いので、うっかり降りて炊事などしていようものなら、置き去りにされないとも限らないので、私達も、車内で炊くことになった。貨車の両側の扉の間だけは荷物を積んでいなかったので、その溝のようになっているところにトタンを敷き、炊事を始めた。真夏の暑さに加え、狭苦しい車内で、むんむんいぶしながら火を焚くのである。
私達は、たまらなくなって、一度、奉天に近いあたりで停車したのを幸い、車を飛び出して機関車の水を浴びに行った。前方に乗っている功徳だった。
そのとき、機関車の中に、憲兵が2人、軍刀を抜き放って、満人機関士の後ろに突っ立っているのを見た。嫌がる機関士を威嚇しながら運転させていたのである。





●日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より

第7章  残虐な毒ガス戦

動かしようのない事実

1937年8月13日、日本軍は上海に進攻し、松滬(ソンフー)事変を引き起こすと、上海地区にも別の化学部隊を送り込んだ。
その部隊は次の通りである。


華北にあった北支那派遣軍の1部が上海作戦に派遣されたことに伴い、その配属下にあった化学部隊も上海に移動した。



(広島県大久野島毒ガス工場)




●天皇制廃止に向けての第一歩:雲上人を人間化する運動を!
田中利幸
4)明仁宛公開書簡の目的―天皇「人間化」の試み

B.京都大学訪問の天皇裕仁への公開質問状

当時は、レッド・パージ、朝鮮戦争、講和問題などを巡って反政府運動が高揚していた時でもあり、京都大学でも学生運動が先鋭化して時期でもあった。とりわけ、1950年7月に勃発した朝鮮戦争とそれに伴うGHQによる「警察予備隊」(1954年に「自衛隊」に改組)創設指令は、学生の間に再び戦争に巻き込まれるのではないかという危機感を煽り、反戦運動を活発化させた。また、サンフランシスコ平和条約が米国をはじめとする西側諸国との「片面講和」であることに対しても、学生たちは強く反対していた。大学側の反応は、明らかに、裕仁の大学訪問と大学文化祭が重なって、学生側がこれを機に政治的活動を展開する可能性があることを危惧した結果であった。



●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

■処方箋による4分の1リットルのミルク

6、1923年にデュッセルドルフでは100人中23人の学童が佝僂病に罹っていた。他の諸都市ではもっと高い罹病率が報じられている。マイン河畔のオッフェンバハでは100人中33人、ドルトムントでは2歳から10歳の子ども100人に43人が佝僂病に罹っていた。戦前に比べて、後遺症で不具になる重症の佝僂病が増加していたことは明らかであった。



昨年2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


●「化学学校記事」情報公開裁判
9月4日 11:30~(522号法廷)

●「衛生学校記事」とはどんなものだろうか?
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

次回 第23回『衛生学校記事』情報公開裁判
9月26日(木)11:30~419法廷

金原節三氏が寄贈した資料が、衛生学校庁舎3階の彰古館に1982年に「金原節三コーナー」として展示された。
その2000点を超える資料はその後どうなったのであろうか?
防衛省の回答では、金原氏の目録と一致する資料は、今現在は641点だという。
あとの資料はどこに消えたのか?
彰古館に勤めていた人(1996年から2013年)の聞き取りでは、彰古館では、きちんと整理していていなかったようである。
金原資料は、1995年に防衛庁戦史部に移管されたが、翌年また彰古館へ戻したという。
その時はすべてを戻したわけではなかったようだ。
2010年に、彰古館が学校庁舎3階から今の建屋になり、資料も移管されたが、金原資料の整理はきちんとされていないようだ。
金原資料の一部はあるようだが、その他の金原資料は、どこに保管しているのだろうか。
また、彰古館には旧軍資料しか置いていないともいう。本当に「衛生学校記事」や教範類は置いていないのだろうか?
次の裁判までに、勤めていた人の陳述書を防衛省側は出すという。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長
『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?
金原節三(1901~1976)
陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」
厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1

金原節三と細菌戦
金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。
細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部、陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。


金原節三と武見太郎
金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

「衛生学校30年の歩み」によせて
入隊から退官まで
第8代校長 園口忠男

几帳面な中黒校長には、私が雑でルーズなため万事手厳しく指導を受けた。理論派の校長は学校幹部会議で各人をギューギューとっちめられたが、同じく理論派の緒方1佐(後、衛生監)との「陸幕長の指導権」についての議論は今でも目に浮かぶ。また、部外入門者の営門でのチェックと退舎点検については、中病長との見解の相違があり、苦労の種であった。私はもとより校長と同意見。
在任中一番困ったことは勤評である。公平を期するために神様でありたいと思った。


第5代衛生学校長
井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身
1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】
第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を転任になり、その後を井上が引き継いだ。
井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。
又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。
南方軍防疫給水部(岡9420部隊)





イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ



●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!
天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より
重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。





●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年
※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!


第9章 聖戦



天皇は、ほとんどの軍指導部と同様、ひとたび、強烈な打撃を与えれば、蒋介石はそれに屈して戦闘は終結するという見解を支持していたため、「敵の首都」で決定的な戦闘を行うことにこだわっていた。結果として、松井や朝香の行為は外交的見地からは有害であったにもかかわらず、天皇は彼らを公に嘉賞したのである。12月14日、南京陥落の翌日、天皇は統帥部に南京陥落と占領の知らせに満足していることを伝えた。松井大将が東京に一時帰任した1938年2月、昭和天皇は松井の偉大な軍事的功績を嘉する詔書を彼に与えていた。朝香宮が、その褒賞として金鵄(きんし)勲章を受けたのは1940年4月になってからであった。こうした方法で、天皇はその権力を間接的に行使し、天皇の軍隊の犯罪を見逃したのである。昭和天皇は、個人的には南京で起きたことに愕然としたかも知れないが、公には何の注意も払うことなく、捕虜取扱いに関する日本の方針に関心を向け、それを変更することで、誤ちを償うこともなかった。


小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争




憲法9条を生かそう!!











2019年7月17日水曜日

細菌戦の系譜!!


香港人見せしめ弾圧事件
7月19日 ビデオ学習会 731部隊員の証言
日本軍の毒ガス戦
7.7「戦争を始めた日」国会前集会
ソビエト連邦、中華人民共和国とハバロフスク裁判の忘却 1949-1956
旧陸軍毒ガス詳報、確認 中国北部で使用部隊が記録
平沢正欣論文を検証する(人体実験は行われたか?)
記憶の継承を進める神奈川の会
沖縄
戦争とは何だろうか??
軍事研究に関する学長声明  龍谷大学 学長 入 澤  崇
第24回  スタディツアー 事前学習会
文学者の戦争協力
北宏一朗さんを偲ぶ
長崎731部隊・100部隊パネル展
京大 学位授与問題!!
長野平和の旅
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
武蔵村山の国立感染症研究所問題!!



1937年7月7日→日中全面戦争

7.7集会(2019)「戦争を始めた日」国会前集会



香港人見せしめ弾圧事件
香港の皆様へ!!


何で微罪で長期勾留する??
微罪で長期勾留?おかしくないか?日本は人権意識が欠如している!!
以前までは香港の日本領事館が南京大虐殺の抗議を受け取っていたが、去年は受け取らないので、日本まで抗議に来たという。
香港人「靖国神社」建造物侵入事件"長期勾留"の謎?

靖国神社でぼや、横断幕も=中国籍の男を逮捕


●昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!
秋篠宮ご夫妻と悠仁さま 世界の地図展を観賞

徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
日本の医学界はなぜ謝罪しない???
又、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマと4度被曝した日本は、世界に先駆けて核兵器廃絶・脱原発と叫ぶべきではないか!!
なぜ、日本医学界は、先頭に立って「脱原発!!」と叫ばないのか!!
戦後、731部隊員はアメリカの核戦略に協力した!!

「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか


●水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

ビキニ「死の灰」世界各地へ


日本は、あの侵略戦争を反省して、憲法9条を作った!!

平和条約締結は「日本が大戦の結果認めること」 露外相

●憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本の政治の常道【historyとは、彼(his)(権力者)の物語(story)】

・まずい事は隠す!!(=あったことを無かったことにする、=データ改ざんは当たり前)
・責任を下に押し付ける!!(=権力者は、責任を取らない)
統計不正聴取に厚労省官房長同席 中立性への疑念、更に
水爆実験で被爆したのは第五福竜丸だけではない!!延べ992隻が被爆!!
なぜ、「731」と書かれた戦闘機に乗れるのだ???

2013年5月12日 安倍 731と書かれた戦闘機に乗る!!宮城県松島市にある航空自衛隊の基地で撮影

オリンピックにお金をかけるのではなく、いじめ対策・貧困対策・戦争被害者対策にお金をかけるべきだ!!





●ニュース
日本は、過去の歴史にきちんと向き合え!!
日韓関係は「戦後最悪」に 収拾困難、歴史的転換点か

韓国 輸出規制や「徴用」問題で日本へ対抗姿勢強める


「人種差別的な攻撃」“国に帰れ”発言に移民系女性議員ら批判


【横田現場直撃】山口イージス/参院選大物直撃!進次郎・二階・菅20190712


【横田現場直撃】決定版!イージスアショアの虚妄 防衛省の杜撰/維新お忍び謝罪/滋賀の野党共闘候補



過去を反省しない日本これでいいのだろうか??
輸出規制 日本側は韓国の対応見極めたい考え

佐川 元財務省理財局長を証人申請へ 森友文書の訴訟で原告弁護団

旧陸軍毒ガス詳報、確認 中国北部で使用部隊が記録

消えゆく「陸軍中野学校」の跡と記憶 「結局は駒」と卒業生は語った


遺伝子「優性・劣性」“高校教科書では別表現を”日本学術会議



エボラ出血熱など輸入で国と東京・武蔵村山市が合意 国立感染症研究所に

エボラ出血熱のウィルスなど危険の高いものをなぜ輸入する?
日本は全く細菌戦の反省をしていない!!
感染症対策のウイルス保管を説明

エボラ病原体”輸入”国に安全対策求める


「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と言っている国が、なんで空母を持つのだ???
防衛省、護衛艦「いずも」「かが」を空母化へ 自衛隊内部からも疑問の声


辺野古の埋め立て加速 玉城デニー知事「暴挙以外の何ものでもない」

自衛隊の不祥事!!
日航機123便墜落の真相 〜JALボーインング747に訪れた悲劇の全貌〜



このままでは終わらせない…“森友事件”のいま【ザ・ドキュメンタリー】



“私は不妊手術を強いられた” ~追跡・旧優生保護法~

医学界の反省の弁はないのだろうか???原因は何だ???
強制不妊、首相「反省とおわび」 救済法成立時、談話発表へ

福島第一原発の原子炉建屋 開けられる鍵が9000本以上


彼の無念晴らしたい 森友疑惑 自殺職員の元同僚


なぜ、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!
「わざわざ自分らのことを『げんしりょくむら』とは?

「あつまれ!げんしりょくむら」に批判相次ぐ サイト閉鎖

20190330 UPLAN 小出裕章「フクシマ事故8年 原子力を廃絶させる道」



731部隊の病理解剖の顧問をした清野謙治も、窃盗事件で京大を追われた後、戦後は東京医大教授になった。731部隊で細菌を製造していた柄沢も東京医大だ!!
日本の底にツルハシでも崩れない差別がある 東京医科大の不正入試提訴 会見詳報


なぜ、日本は脱原発と叫ばないのか??
20181104 小出裕章と樋口健二のコラボ講演会


2005/12/25 【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏


竹田恒和JOC会長、IOC委員を辞任




竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか
海外メディア「かえって疑惑深まった」 JOC竹田会長の会見

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 日立がイギリス原発輸出を断念! 世界に逆行する日本と経団連の責任


森友・加計問題 疑惑の核心/下 政治家、官邸官僚… 「安倍側用人」を覆う「黒い霧」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真実を隠すために死刑にしたのでは??
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活


京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に




●横浜「戦争の加害展」感想

2月13日
・2度目の来場です。本日はスタッフの方より重慶大爆撃の説明を分かりやすくしてくださいました。か加害もヘイトスピーチもすべて許されない行為です。来年も開催されるよう期待しております。(女性、50代)


●(「琉球処分」から140年、今の沖縄を考える)パネル展感想
6 月 24 日
4、琉米条約と琉球国王の印璽(特に清からの冊封の公文書)は、他では得難い重大な発見です。企画運営に携わった皆様への敬意を表します。(男、不明、市外、厭戦庶民の会)


●「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第3部

危機寸前の脱出

南新京では、けが人が幾台もの病院車に乗せられて運ばれてゆくのを見た。そのあわただしさの中に、幾つも並んでいる黒いガスタンクが、泰然と小山のように落着いていた。
たまたま、私達と行き違いに北上する列車があった。見ると、友軍である。私達はただ夢中で手を振ってすれ違ったのだったが、今頃北上する部隊があるというのは、いかにも腑に落ちないことだった。だが、それは、私達の部隊の本館をこわしに行く奉天の工兵隊だったそうである。





●日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より

第7章  残虐な毒ガス戦

動かしようのない事実

華北地区に派遣された化学部隊の全容は次の通り






(広島県大久野島毒ガス工場)




●天皇制廃止に向けての第一歩:雲上人を人間化する運動を!
田中利幸
4)明仁宛公開書簡の目的―天皇「人間化」の試み

B.京都大学訪問の天皇裕仁への公開質問状

多くの市民が見た「総合原爆展」は夏休み中の開催であったため、学生に見てもらうことを目的に、同学会は、同年11月10日から大学本部のある吉田キャンパスで開催予定の秋の大学文化祭で再びこの原爆展を開くことを計画し、大学当局に許可を申請した。ところが、大学側はすぐにはこの申請に対する回答をせず、結局は理由も述べずに、同学会が希望していた11月中旬ではなく初旬ならよいと同学会に通知。大学側が開催時期にこだわったわけは、、11月中旬には、対日講和条約・安保条約の批准決定が国会で行われる予定であった上に、京都・奈良を巡行する天皇裕仁が京都大学吉田キャンパスを訪問することになっていたからであった。



●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

■処方箋による4分の1リットルのミルク

5、[「アルコールは人を疲労させ、思考を鈍らせる。人を不満にし、同時に愚かにする。アルコールは階級闘争の頭脳への『背後の一突き』のようなものである」という説明の付いた、当時の共産党のポスター。]
バーデンのヴィースロホ療養所では、1919年から1924年までの時期にアルコール中毒患者の収容が10倍になった。1921年から1925年までのベルリンの精神病院における収容患者の倍増は、何よりもアルコール中毒からくる精神障害によるものであった。





昨年2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


●「化学学校記事」情報公開裁判
9月4日 11:30~(522号法廷)

●「衛生学校記事」とはどんなものだろうか?
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

次回 第23回『衛生学校記事』情報公開裁判
9月26日(木)11:30~419法廷

金原節三氏が寄贈した資料が、衛生学校庁舎3階の彰古館に1982年に「金原節三コーナー」として展示された。
その2000点を超える資料はその後どうなったのであろうか?
防衛省の回答では、金原氏の目録と一致する資料は、今現在は641点だという。
あとの資料はどこに消えたのか?
彰古館に勤めていた人(1996年から2013年)の聞き取りでは、彰古館では、きちんと整理していていなかったようである。
金原資料は、1995年に防衛庁戦史部に移管されたが、翌年また彰古館へ戻したという。
その時はすべてを戻したわけではなかったようだ。
2010年に、彰古館が学校庁舎3階から今の建屋になり、資料も移管されたが、金原資料の整理はきちんとされていないようだ。
金原資料の一部はあるようだが、その他の金原資料は、どこに保管しているのだろうか。
また、彰古館には旧軍資料しか置いていないともいう。本当に「衛生学校記事」や教範類は置いていないのだろうか?
次の裁判までに、勤めていた人の陳述書を防衛省側は出すという。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長
『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?
金原節三(1901~1976)
陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」
厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1

金原節三と細菌戦
金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。
細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部、陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。


金原節三と武見太郎
金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

「衛生学校30年の歩み」によせて
入隊から退官まで
第8代校長 園口忠男

次に先輩校長の思い出を記す。
金原校長の毎日の朝礼に間に合うのが私には一苦労であった。またある日、学校に1つしかない特大遠心器を被覆の鉄板が飛び散るほどに大破損した時、叱られる覚悟で、とんで詫びに行ったところ、「そうか、怪我がなくてよかった」とだけ。後日、その話をした際、「悔いている者を叱る必要はない」と。後年将補になった時、「ゼネラルとは専門家ではなく、万般に通暁していいることだ」と話された。子どもに対する親心?


第5代衛生学校長
井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身
1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】
第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を転任になり、その後を井上が引き継いだ。
井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。
又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。
南方軍防疫給水部(岡9420部隊)





イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ



●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!
天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より
重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。





●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年
※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!


第9章 聖戦



南京陥落の3週間以上前、新たに大本営が設置された11月20日、天皇は支那方面艦隊司令長官長谷川清に詔書を出した。昭和天皇は、陸軍と協力して、中国沿岸を封鎖し、海上航路を断った艦隊の将兵を賞賛した。同時に、こう警告した。「惟(おも)うに前途な御遼遠なり、爾(なんじ)らますます奮励をくわえもって戦果を完(まった)くせんことを期せよ」。 
4日後、最初の大本営の御前会議で、天皇は中支那方面軍司令官松井大将に中国の首都を攻略し、占領するという重大な決定を事後承認の形で裁可した。この会議で、参謀本部の下村第1部長は、華中への輸送部隊ならびに砲兵部隊が最前線に到着するにはかなり時間がかかるので、「方面軍はその航空部隊をもって海軍航空兵力と協力して南京その他の要地を爆撃」するという作戦計画を説明した。かくして、昭和天皇は南京ならびにその周辺を爆撃し機銃掃射する計画を、よく理解した上で、承認した。昭和天皇は、陸軍の作戦範囲に設けていたあらゆる規制を外すことを(事後承認)し、東京の承認を待つことなく南京に向けて猛進撃している間、陸海軍の制止を何ら働きかけなかった。12月1日、南京の空爆と海上、地上からの攻撃開始後、何日も過ぎてから、昭和天皇は松井大将に正式な攻撃命令を出した。「中支那方面軍司令官は海軍と協同して敵国首都南京を攻略すべし」。大陸命第8号である。


小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争




憲法9条を生かそう!!










2019年7月16日火曜日

細菌戦の系譜!!


香港人見せしめ弾圧事件
7月19日 ビデオ学習会 731部隊員の証言
日本軍の毒ガス戦
7.7「戦争を始めた日」国会前集会
ソビエト連邦、中華人民共和国とハバロフスク裁判の忘却 1949-1956
旧陸軍毒ガス詳報、確認 中国北部で使用部隊が記録
平沢正欣論文を検証する(人体実験は行われたか?)
記憶の継承を進める神奈川の会
沖縄
戦争とは何だろうか??
軍事研究に関する学長声明  龍谷大学 学長 入 澤  崇
第24回  スタディツアー 事前学習会
文学者の戦争協力
北宏一朗さんを偲ぶ
長崎731部隊・100部隊パネル展
京大 学位授与問題!!
長野平和の旅
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
武蔵村山の国立感染症研究所問題!!



1937年7月7日→日中全面戦争

7.7集会(2019)「戦争を始めた日」国会前集会



香港人見せしめ弾圧事件
香港の皆様へ!!


何で微罪で長期勾留する??
微罪で長期勾留?おかしくないか?日本は人権意識が欠如している!!
以前までは香港の日本領事館が南京大虐殺の抗議を受け取っていたが、去年は受け取らないので、日本まで抗議に来たという。
香港人「靖国神社」建造物侵入事件"長期勾留"の謎?

靖国神社でぼや、横断幕も=中国籍の男を逮捕


●昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!
秋篠宮ご夫妻と悠仁さま 世界の地図展を観賞

徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
日本の医学界はなぜ謝罪しない???
又、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマと4度被曝した日本は、世界に先駆けて核兵器廃絶・脱原発と叫ぶべきではないか!!
なぜ、日本医学界は、先頭に立って「脱原発!!」と叫ばないのか!!
戦後、731部隊員はアメリカの核戦略に協力した!!

「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか


●水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

ビキニ「死の灰」世界各地へ


日本は、あの侵略戦争を反省して、憲法9条を作った!!

平和条約締結は「日本が大戦の結果認めること」 露外相
●憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本の政治の常道【historyとは、彼(his)(権力者)の物語(story)】

・まずい事は隠す!!(=あったことを無かったことにする、=データ改ざんは当たり前)
・責任を下に押し付ける!!(=権力者は、責任を取らない)
統計不正聴取に厚労省官房長同席 中立性への疑念、更に
水爆実験で被爆したのは第五福竜丸だけではない!!延べ992隻が被爆!!
なぜ、「731」と書かれた戦闘機に乗れるのだ???

2013年5月12日 安倍 731と書かれた戦闘機に乗る!!宮城県松島市にある航空自衛隊の基地で撮影

オリンピックにお金をかけるのではなく、いじめ対策・貧困対策・戦争被害者対策にお金をかけるべきだ!!





●ニュース
三菱重工、賠償協議に応じず 韓国原告ら資産売却申請へ

文氏「日本経済に被害」と警告 韓国、輸出規制で批判強める

香港デモ郊外に拡大、11万人参加 一部は普通選挙要求

トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出

【横田現場直撃】山口イージス/参院選大物直撃!進次郎・二階・菅20190712


【横田現場直撃】決定版!イージスアショアの虚妄 防衛省の杜撰/維新お忍び謝罪/滋賀の野党共闘候補



過去を反省しない日本これでいいのだろうか??
輸出規制 日本側は韓国の対応見極めたい考え

佐川 元財務省理財局長を証人申請へ 森友文書の訴訟で原告弁護団

旧陸軍毒ガス詳報、確認 中国北部で使用部隊が記録

消えゆく「陸軍中野学校」の跡と記憶 「結局は駒」と卒業生は語った


遺伝子「優性・劣性」“高校教科書では別表現を”日本学術会議



エボラ出血熱など輸入で国と東京・武蔵村山市が合意 国立感染症研究所に

エボラ出血熱のウィルスなど危険の高いものをなぜ輸入する?
日本は全く細菌戦の反省をしていない!!
感染症対策のウイルス保管を説明

エボラ病原体”輸入”国に安全対策求める


「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と言っている国が、なんで空母を持つのだ???
防衛省、護衛艦「いずも」「かが」を空母化へ 自衛隊内部からも疑問の声


辺野古の埋め立て加速 玉城デニー知事「暴挙以外の何ものでもない」

自衛隊の不祥事!!
日航機123便墜落の真相 ~JALボーインング747に訪れた悲劇の全貌~



このままでは終わらせない…“森友事件”のいま【ザ・ドキュメンタリー】



“私は不妊手術を強いられた” ~追跡・旧優生保護法~

医学界の反省の弁はないのだろうか???原因は何だ???
強制不妊、首相「反省とおわび」 救済法成立時、談話発表へ

福島第一原発の原子炉建屋 開けられる鍵が9000本以上


彼の無念晴らしたい 森友疑惑 自殺職員の元同僚


なぜ、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!
「わざわざ自分らのことを『げんしりょくむら』とは?

「あつまれ!げんしりょくむら」に批判相次ぐ サイト閉鎖

20190330 UPLAN 小出裕章「フクシマ事故8年 原子力を廃絶させる道」



731部隊の病理解剖の顧問をした清野謙治も、窃盗事件で京大を追われた後、戦後は東京医大教授になった。731部隊で細菌を製造していた柄沢も東京医大だ!!
日本の底にツルハシでも崩れない差別がある 東京医科大の不正入試提訴 会見詳報


なぜ、日本は脱原発と叫ばないのか??
20181104 小出裕章と樋口健二のコラボ講演会


2005/12/25 【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏


竹田恒和JOC会長、IOC委員を辞任




竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか
海外メディア「かえって疑惑深まった」 JOC竹田会長の会見

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 日立がイギリス原発輸出を断念! 世界に逆行する日本と経団連の責任


森友・加計問題 疑惑の核心/下 政治家、官邸官僚… 「安倍側用人」を覆う「黒い霧」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真実を隠すために死刑にしたのでは??
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活


京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に




●横浜「戦争の加害展」感想

2月13日
・知らなかったことばかりで驚いています。戦争犯罪を明らかにしていない、幾重もの理由に怒りを禁じえません。すべてのことが現在の醜い政治体質に連なっていると感じました。(女性、50代)

●(「琉球処分」から140年、今の沖縄を考える)パネル展感想
6 月 24 日
3、貼ってある新聞を読みたいのですが、文字が細かく、なかなか読めません。ももう少し、拡大されていると読みやすいです。6月23日の翌日からの企画でタイムリーですね。講演会にも参加したいと思っているのですが、あいにく時間が取れず残念です。パネル展だけでも参加できて良かった。(自己満足ですが)また、良い企画をお願いします。(女、60代、市外、チラシ、神奈川新聞)

●「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第3部

群がる避難民

やっとの思いで、乗り込むと、
「御苦労、御苦労」
と言う声が、一斉に飛んできた。半煮えの飯を、それぞれ飯ごうのふたや食器に分けて、ふうふう吹きながら食っているうち、列車は静かに動き出した。
今度こそ、内地へ向うのである。しかし、まだ安心はできない。西正面から入ったソ連軍は、興安領にかかってから、にわかに進度が鈍っているが、そのかわり熱河方面から入った一隊に退路を断たれるおそれがある、という情報が伝えられているのだ。





●日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より

第7章  残虐な毒ガス戦

動かしようのない事実

1937年7月7日、日本帝国主義は盧溝橋事件を引き起こし、全面的な侵華戦争に入った。11日、日本政府は中国華北向け派兵に関する声明を発表、続いて中国へ、第1及び第11旅団と第20師団を派遣、27日、さらに第5,6、10師団を追加派遣した。これらの部隊と行動を共にしたのが、初めて編成された化学部隊である。その後まもなく、中国向けに何回も化学部隊が追加派遣された。




(広島県大久野島毒ガス工場)




●天皇制廃止に向けての第一歩:雲上人を人間化する運動を!
田中利幸
4)明仁宛公開書簡の目的―天皇「人間化」の試み

B.京都大学訪問の天皇裕仁への公開質問状

京都大学学生自治会である同学会は、京都駅前の丸物百貨店(後の京都近鉄百貨店)で、「総合原爆展」を1951年7月14日から10日間にわたって開催した。この原爆展では、原爆の製造過程と物理学的原理、放射能被害の状況、核兵器国際管理の実態、原爆文学作品などについて解説するとともに、被爆者の無惨なケロイド傷害を紹介するスチール写真も含めて、190枚のパネルが展示された。更には、丸木位里・俊夫妻が制作した『原爆の図』の第1部から5部までが展示され、そのうちの4部と5部は初公開されたものであった。当時まだ占領下にあった日本でこのような総合的な原爆展が開催されたのは初めてで、10日間で約3万人が訪れるという大成功を収めた。



●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

■処方箋による4分の1リットルのミルク

4、1919年ドイツ全土には約528000人の性病患者が新たに発生した、と記録されている。1919年にベルリンでは全ての男性の7.4%、20歳から24歳までの全ての女性の4.4%が淋病で、同じ年齢の全ての男性の2.7%と女性の1.7%が梅毒で医者にかかっていた。




昨年2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


●「化学学校記事」情報公開裁判
9月4日 11:30~(522号法廷)

●「衛生学校記事」とはどんなものだろうか?
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

次回 第23回『衛生学校記事』情報公開裁判
9月26日(木)11:30~419法廷

金原節三氏が寄贈した資料が、衛生学校庁舎3階の彰古館に1982年に「金原節三コーナー」として展示された。
その2000点を超える資料はその後どうなったのであろうか?
防衛省の回答では、金原氏の目録と一致する資料は、今現在は641点だという。
あとの資料はどこに消えたのか?
彰古館に勤めていた人(1996年から2013年)の聞き取りでは、彰古館では、きちんと整理していていなかったようである。
金原資料は、1995年に防衛庁戦史部に移管されたが、翌年また彰古館へ戻したという。
その時はすべてを戻したわけではなかったようだ。
2010年に、彰古館が学校庁舎3階から今の建屋になり、資料も移管されたが、金原資料の整理はきちんとされていないようだ。
金原資料の一部はあるようだが、その他の金原資料は、どこに保管しているのだろうか。
また、彰古館には旧軍資料しか置いていないともいう。本当に「衛生学校記事」や教範類は置いていないのだろうか?
次の裁判までに、勤めていた人の陳述書を防衛省側は出すという。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長
『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?
金原節三(1901~1976)
陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」
厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1

金原節三と細菌戦
金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。
細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部、陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。


金原節三と武見太郎
金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

「衛生学校30年の歩み」によせて
入隊から退官まで
第8代校長 園口忠男

雑誌防衛衛生は各国軍との交換雑誌であるから、英文抄録は世界中で読まれる。インフルエンザの論文は全て、米国の論文目録に紹介されている。外国で高く評価された所以である。編集は衛校でやっていたが、本誌をよくするためには、虻の研究では世界の第一人者である高橋弘先生の努力に負うところが大きかった。現役の各位が本誌を活用されることを切望される次第である。
大東亜戦争陸軍衛生史第9巻は退官直前に完成したが、その生みの親は中黒校長である。旧軍医有志からの要請が陸幕衛生課に持ち込まれたが埒があかなかった。同校長は「学校予算に組み入れれば刊行できる」と考えて、教育部長であった私を帯同して、陸幕第5部(現教育訓練部)長の益田陸将に直談判されたが「この種の計画は各兵科から出ているが完成した例がない」と拒否された。しかし、執筆者と同行したり、関係資料を持参したりして再三交渉し粘り抜いて予算を獲得された。そして、7年間かかって完成したが、刊行前に退官されたので、同校長の名はどこにも出てこない。事実の証言としてここに記しておく。

第5代衛生学校長
井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身
1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】
第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を転任になり、その後を井上が引き継いだ。
井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。
又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。
南方軍防疫給水部(岡9420部隊)





イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ



●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!
天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より
重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。





●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年
※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!


第9章 聖戦



しかし、天皇が当局の公的な立場にある誰かから、師団、連隊、さらには参謀が国際法違反となる命令を下している事について、あるいは、日本兵が行った大量虐殺の実際の規模について公には知らされていなかったとしよう。それでも、天皇には陸軍の軍紀崩壊について命令指揮系統以外にもう1つの情報網を持っていた。例えば、内外の報道があったし、占領下の南京で起きていることの噂を口頭で伝える事ができた弟達がいた。こうした代わりの情報を持っていたのだから、天皇は秘かに調査することもできた。しかし、南京事件について調査を命じた痕跡はない。その代わり、昭和天皇は皇軍による犯罪行為について沈黙していた事実が残る。皇軍が南京を陥落させた瞬間まで、天皇は軍の動静を詳細に追っていたのである。また、事件の前兆があった時期を通じて、あるいは殺戮、強姦のあった全期間に、天皇は不快、憤り、遺憾を公にする事よりは、むしろ、中国に「自省」を促すという国策のもとで、大勝利に向け臣下の将軍や提督を鼓舞していたという否定しがたい事実もある。



小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争




憲法9条を生かそう!!










2019年7月15日月曜日

細菌戦の系譜!!


香港人見せしめ弾圧事件
7月19日 ビデオ学習会 731部隊員の証言
日本軍の毒ガス戦
7.7「戦争を始めた日」国会前集会
ソビエト連邦、中華人民共和国とハバロフスク裁判の忘却 1949-1956
旧陸軍毒ガス詳報、確認 中国北部で使用部隊が記録
平沢正欣論文を検証する(人体実験は行われたか?)
記憶の継承を進める神奈川の会
沖縄
戦争とは何だろうか??
軍事研究に関する学長声明  龍谷大学 学長 入 澤  崇
第24回  スタディツアー 事前学習会
文学者の戦争協力
北宏一朗さんを偲ぶ
長崎731部隊・100部隊パネル展
京大 学位授与問題!!
長野平和の旅
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
武蔵村山の国立感染症研究所問題!!



1937年7月7日→日中全面戦争

7.7集会(2019)「戦争を始めた日」国会前集会




香港の皆様へ!!


何で微罪で長期勾留する??
微罪で長期勾留?おかしくないか?日本は人権意識が欠如している!!
以前までは香港の日本領事館が南京大虐殺の抗議を受け取っていたが、去年は受け取らないので、日本まで抗議に来たという。
香港人「靖国神社」建造物侵入事件"長期勾留"の謎?

靖国神社でぼや、横断幕も=中国籍の男を逮捕


●昭和天皇の戦争責任を問う!!天皇制反対!!
徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
日本の医学界はなぜ謝罪しない???
又、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマと4度被曝した日本は、世界に先駆けて核兵器廃絶・脱原発と叫ぶべきではないか!!
なぜ、日本医学界は、先頭に立って「脱原発!!」と叫ばないのか!!
戦後、731部隊員はアメリカの核戦略に協力した!!

「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日~5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか


●水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

ビキニ「死の灰」世界各地へ


日本は、あの侵略戦争を反省して、憲法9条を作った!!

平和条約締結は「日本が大戦の結果認めること」 露外相
●憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本の政治の常道【historyとは、彼(his)(権力者)の物語(story)】

・まずい事は隠す!!(=あったことを無かったことにする、=データ改ざんは当たり前)
・責任を下に押し付ける!!(=権力者は、責任を取らない)
統計不正聴取に厚労省官房長同席 中立性への疑念、更に
水爆実験で被爆したのは第五福竜丸だけではない!!延べ992隻が被爆!!
なぜ、「731」と書かれた戦闘機に乗れるのだ???

2013年5月12日 安倍 731と書かれた戦闘機に乗る!!宮城県松島市にある航空自衛隊の基地で撮影

オリンピックにお金をかけるのではなく、いじめ対策・貧困対策・戦争被害者対策にお金をかけるべきだ!!





●ニュース
「国に帰っては」トランプ大統領の非白人女性議員への発言が波紋を広げる

香港デモ郊外に拡大、11万人参加 一部は普通選挙要求

加計学園問題から1年、地元の今治で見たシャッター通り

日本政府は歴史を直視せよ!!
「日本の輸出規制は不当」 韓国がWTO理事会で説明へ

かんぽ生命 全顧客意向確認へ「どれだけ時間がかかるか…」

【横田現場直撃】山口イージス/参院選大物直撃!進次郎・二階・菅20190712


【横田現場直撃】決定版!イージスアショアの虚妄 防衛省の杜撰/維新お忍び謝罪/滋賀の野党共闘候補



過去を反省しない日本これでいいのだろうか??
輸出規制 日本側は韓国の対応見極めたい考え

佐川 元財務省理財局長を証人申請へ 森友文書の訴訟で原告弁護団

旧陸軍毒ガス詳報、確認 中国北部で使用部隊が記録

消えゆく「陸軍中野学校」の跡と記憶 「結局は駒」と卒業生は語った


遺伝子「優性・劣性」“高校教科書では別表現を”日本学術会議



エボラ出血熱など輸入で国と東京・武蔵村山市が合意 国立感染症研究所に

エボラ出血熱のウィルスなど危険の高いものをなぜ輸入する?
日本は全く細菌戦の反省をしていない!!
感染症対策のウイルス保管を説明

エボラ病原体”輸入”国に安全対策求める


「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と言っている国が、なんで空母を持つのだ???
防衛省、護衛艦「いずも」「かが」を空母化へ 自衛隊内部からも疑問の声


辺野古の埋め立て加速 玉城デニー知事「暴挙以外の何ものでもない」

自衛隊の不祥事!!
日航機123便墜落の真相 〜JALボーインング747に訪れた悲劇の全貌〜



このままでは終わらせない…“森友事件”のいま【ザ・ドキュメンタリー】



“私は不妊手術を強いられた” ~追跡・旧優生保護法~

医学界の反省の弁はないのだろうか???原因は何だ???
強制不妊、首相「反省とおわび」 救済法成立時、談話発表へ

福島第一原発の原子炉建屋 開けられる鍵が9000本以上


彼の無念晴らしたい 森友疑惑 自殺職員の元同僚


なぜ、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!
「わざわざ自分らのことを『げんしりょくむら』とは?

「あつまれ!げんしりょくむら」に批判相次ぐ サイト閉鎖

20190330 UPLAN 小出裕章「フクシマ事故8年 原子力を廃絶させる道」



731部隊の病理解剖の顧問をした清野謙治も、窃盗事件で京大を追われた後、戦後は東京医大教授になった。731部隊で細菌を製造していた柄沢も東京医大だ!!
日本の底にツルハシでも崩れない差別がある 東京医科大の不正入試提訴 会見詳報


なぜ、日本は脱原発と叫ばないのか??
20181104 小出裕章と樋口健二のコラボ講演会


2005/12/25 【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏


竹田恒和JOC会長、IOC委員を辞任




竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか
海外メディア「かえって疑惑深まった」 JOC竹田会長の会見

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 日立がイギリス原発輸出を断念! 世界に逆行する日本と経団連の責任


森友・加計問題 疑惑の核心/下 政治家、官邸官僚… 「安倍側用人」を覆う「黒い霧」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真実を隠すために死刑にしたのでは??
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活


京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に




●横浜「戦争の加害展」感想

2月13日
・戦争は絶対ダメ。確認。(男性、80代以上)

●(「琉球処分」から140年、今の沖縄を考える)パネル展感想
6 月 24 日
2、先月、沖縄本島に初めて行ってきました。戦跡を数か所巡り、辺野古にも行ってしっかり「ごぼう抜き」されてきました。沖縄の基地問題は、「本土の問題、沖縄はやれることは全てやっている」という現地の方々の言葉が、深く心に響きました。改めて、沖縄の歴史を学ぶには良いきっかけのパネル展になりました。期間中、ビデオ(2作品見ました)視聴にもまた訪れたいと思いました。(女、60代、市内、新聞)


●「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第3部

群がる避難民

「どこか、炊く場所はないかなァ」
 と言うので、私は森島と一緒に米の入った鍋を持って、幾つかの線路を横切り、人々の間を縫って、駅の食堂を探し当てた。
誰もいず、室内は火事場の跡さながらに乱雑を極めていたが、カマ場だけはどうにか使えそうであった。森島が、崩れた煉瓦を積んで鍋を安定させながら火を焚き、私は板切れや紙くずを拾い集めた。荒らされたあとの食堂には、さすがに目ぼしい物は残っていなかったが、丹念に探してみたら、紙屑や食器のかけらなどに混じって、食卓塩とコショウの壜があった。逃走中のおかずは、粉末味噌ばかりだったので、コショウの発見は、またひとしお空腹感をかきたてた。
 ようやく飯が炊きあがってきたばかりのところへ、浜中が息をはずませながらながら駆けつけてきた。
「出発だぞ。乗り遅れたら大変だ!」
 私と森島は大いにあわてた。飯など捨てて駆け出したかったが、空腹を思うと、半煮えの飯を捨てるのも惜しく、ぶつぶつ炊いている熱い鍋の耳を戦斗帽でつかみ、2人で鍋をさげて駆けつけた。そのとき、建物のそばに寄りかかって瀕死の状態で訴えるようにうめいている女の人を見た。まだ若いようであったが、服装も顔も汗とほこりで真っ黒に汚れ、邦人かどうかの区別もつかない。だが、私達は、今それを気に留めている余裕はないのだ。





●日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より

第6章 悪魔の兄弟たちの毒ガス網

悪魔の兄弟の毒網

実験演習のため、日本の大久野島から猛毒の青酸が慎重に運ばれた状況については前に述べたが、輸送に当たった前出・服部忠さんの記憶によると、1942年8月、2回目に輸送した青酸は1t詰めの大缶で、合計3tだった。路程は1回目と同様、大久野島から宇品へ行き、さらに大連に渡ったが、大連にはハイラルから来た516部隊の軍人が待っていて、毒剤を直接ハイラルに送り、そこで小型缶に詰め分けた。詰め分けるために、大久野島から専門に山敷弘一を頭に4人がハイラルに派遣された。服部忠さんは、これらの毒剤がその秋ハイラル付近のホロンバイル草原で行われた大規模な青酸を撒く演習に使われたのを記憶している。
 このように我々は、日本陸軍化学兵器の研究、製造部門と化学戦の訓練、教育部隊との間の密接で有機的な関係が分かったが、これは、悪魔の兄弟たちがすでに毒網を織り成していたということだ。




(広島県大久野島毒ガス工場)




●天皇制廃止に向けての第一歩:雲上人を人間化する運動を!
田中利幸
4)明仁宛公開書簡の目的―天皇「人間化」の試み

A.「食料メーデー・プラカード事件」裁判

 裁判長・五十嵐太仲は、この正木の要求に驚いて、最初はどう判断してよいのか困ってしまったようである。しかし、最終的には五十嵐は、「告訴は単に親告罪の訴追を被害者の意思に係らしめる形式的要件であって、犯罪の成立に必要な構成要件ではない」とワケの分からない理由を挙げて、天皇を喚問する必要なしという判断を下した。これは、「天皇の意思」を検事が忖度で尊重して、天皇に対して無礼な態度をとった人間を訴追することに何ら問題がないと判断したと解釈してよいだろう。「天皇を法廷に呼び出すなどという不敬は、畏れ多くてとてもできない」というのが、五十嵐の本音であったのであろう。



●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

■処方箋による4分の1リットルのミルク
・・・・・・・
3.[結核が結核菌によって感染するものであり、どのような場合に感染するかを伝える啓蒙的なパンフレット]
 1918年にドイツでは約143000人が結核で死亡した。これは戦争直前の年に比べると1,5倍であり、1897年の結核死亡率に相当する。


1918年にドイツでは約143000人が結核で死亡した。これは戦争直前の年に比べると1.5倍であり、1897年の結核死亡率に相当する。



昨年2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


●「化学学校記事」情報公開裁判
9月4日 11:30~(522号法廷)

●「衛生学校記事」とはどんなものだろうか?
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

次回 第23回『衛生学校記事』情報公開裁判
9月26日(木)11:30~419法廷

金原節三氏が寄贈した資料が、衛生学校庁舎3階の彰古館に1982年に「金原節三コーナー」として展示された。
その2000点を超える資料はその後どうなったのであろうか?
防衛省の回答では、金原氏の目録と一致する資料は、今現在は641点だという。
あとの資料はどこに消えたのか?
彰古館に勤めていた人(1996年から2013年)の聞き取りでは、彰古館では、きちんと整理していていなかったようである。
金原資料は、1995年に防衛庁戦史部に移管されたが、翌年また彰古館へ戻したという。
その時はすべてを戻したわけではなかったようだ。
2010年に、彰古館が学校庁舎3階から今の建屋になり、資料も移管されたが、金原資料の整理はきちんとされていないようだ。
金原資料の一部はあるようだが、その他の金原資料は、どこに保管しているのだろうか。
また、彰古館には旧軍資料しか置いていないともいう。本当に「衛生学校記事」や教範類は置いていないのだろうか?
次の裁判までに、勤めていた人の陳述書を防衛省側は出すという。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長
『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?
金原節三(1901~1976)
陸軍省医事課長時代(1941.11~43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」
厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1

金原節三と細菌戦
金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。
細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部、陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。


金原節三と武見太郎
金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

「衛生学校30年の歩み」によせて
入隊から退官まで
第8代校長 園口忠男

各科目のうち、衛生部隊の展開、第1線での傷者処理については、後送、後方治療等の診療体系については、小野寺、伊東、緒方、核兵器による大量傷者処理については、泉、化学傷者の基礎的研究については河合各教官が継続して研究し、それを教育に反映して、ラインの連中又は部外が刮目する程の成果をあげた。
 隊員集団の疾病予防を使命と心得て入隊した私は、翌32年4月から始まったアジアかぜの世界的大流行が過密集団に大きな被害を与えることを考えて、これをモデルとして研究することを金原校長に進言して快諾を得た。
 校長が衛生監となられたあとは、これを全衛生科の業務として取り上げられた。陸幕 高木達郎班長は、全部隊の被害状況を調査した。卓見である。中黒校長が常に予算及び人員の面で特別に配慮して下さったから、次に起こった香港かぜ時代を含めて退官まで研究を続けることができた。その成果は、共同研究者で学位を取得したもの15名、米英からの講演招待4回(うち2回は退官後)、医学著書4冊を見ればわかる。個人では非力な衛生科隊員でも、組織をあげて事に当たれば、世界の学界から認められる業績をあげ得る好例であろう。

第5代衛生学校長
井上義弘【1904~1969(65歳)、石川県出身
1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】
第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を転任になり、その後を井上が引き継いだ。
井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。
又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。
南方軍防疫給水部(岡9420部隊)





イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ



●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!
天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より
重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。





●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年
※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!


第9章 聖戦




 陥落直後の南京を訪れていた外交官日高信六郎(ひだかしんろくろう)も、広田に詳細な報告をしており、確かな証拠はないが、1月末に虐殺について天皇に報告した可能性がある。日高は流暢に英語を話した。彼はナチス党員だったドイツ人、ジョン・ラーベと個人的に親交があり、ラーベは避難民の保護のため西洋人により南京市中央に設立された南京安全区国際委員会の組織者の1人だった。「マンチェスター・ガーディアン」の記者、ハロルド・J・ティンパーリーの著書「中国に於ける日本のテロ」(1938年)は、南京大虐殺を扱った最初の本だが、彼は日高の個人的な友人だった。彼もまた、南京での出来事について「ニューヨーク・タイムズ」記者はレット・アベントと議論していた。日高は、南京安全区国際委員会メンバーの苦情を外務省に取り次いでさえいた。それにはラーベや、南京大学教授ルイス・スマイスの書面も含まれていた。日高か、広田外相のいずれかが陸軍による南京の蛮行を昭和天皇に伝えていたとすると、天皇は事態を非常によく知っていたはずである。


小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う~「湘南社」の憲法論議~

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争




憲法9条を生かそう!!










フォロワー

ブログ アーカイブ

自己紹介

新しい自分を発見中